念願の改修工事がはじまりました

多くの皆様方にご協力をいただき念願の本殿改修工事が

平成29年4月から始まりました。

工事概要

このたび、福島県と伊達市、そして「朝日新聞文化財団」「東日本鉄道文化財団」の皆様から助成を受け

念願だった本殿改修工事を行う事が出来るようになりました。

歴史的にも大変貴重な神社でありますが、江戸時代以降修復する事が出来ず、本殿の屋根や土台に

致命的な損傷が見られ、早急の対応が必要とされていました。

しかし、多額の改修費が必要とされ私達関係者だけでは到底なし得ない事業でありましたが、今回

福島県、伊達市、関係各所の方々の暖かいご指導と朝日新聞文化財団, 東日本鉄道文化財団のご理解とご支援により

改修費の助成を受け、江戸時代以降二百年ぶりの改修工事を進める事が出来るようなりました。

伊達家代々の当主達に厚く信仰されてきた梁川八幡、後世に残る文化財としてもうすぐ蘇ります。

皆様へのお願い

多額の助成金を受け本殿改修を進めているところでありますが、完成までには更に多くの改修費が必要となります。

八幡神社では多くの皆様方に文化財保護活動の一環として屋根材銅板として1枚壱萬円のご寄進、もしくは一口三千円の

御奉賛ご支援を賜りたくお願い申し上げるしだいです。

詳しくは八幡神社社殿改修特別事務所(天神社社務所内)へお問い合わせください。

電話 024-577-0227 fax 024-577-7418

工事進捗状況を発信

今回の工事を逐一梁川八幡のホームページ上に掲載致します。

工事期間中の参拝について

工事期間中は本殿を修復シートで覆いますので本殿を見る事は出来ません。しかし参拝の拝殿へはお進み出来ますので

工事期間中であってもご参拝は出来ます。是非一度改修工事の姿も拝見いただければと思います。

現代の匠が歴史を蘇らせます。

ページのトップへ戻る